×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

CB400Fのドラムブレーキをディスクにできる世の中情報!

CB400Fのドラムブレーキをディスクにできる世の中

カテゴリー :CB400F ドラム

CB400Fは、発売された当時にはあまり普及していなかったディスクブレーキをフロントに装備し発売されました。
その頃、ディスクブレーキはレーサータイプのバイクにしか装備されておらず、当時としては、フロントにブレーキのディスクローターが付いているバイクと言うのは、何か、走りを連想させてくれるものでしたね。
そして、CB400Fにも装備され、さらにカフェレーサーのスタイルから大人気車となりました。
しかし、それはもう30年以上も昔の話ですから、今ではほとんどのバイクが前後ともディスクブレーキ装備となりました。
そして現在では、CB400Fのような昔のバイクや、排気量の小さいバイクで、ディスクブレーキの装備が設定されていないドラムブレーキ車両をディスクブレーキに変更してしまうキットまで開発されるまでになりました。
もちろん、CB400Fのリアドラムのブレーキをディスクに変換できるキットも存在します。
このキットを販売しているのは、CB400Fの聖地とも呼ばれる「アゲイン」さんです。
さすが専門的に手掛けているだけあります!しかし、値段が結構します!金額は14万円ほど。でも、これだけの金額で、あの頼りないリアドラムからディスクに変更できるのであれば安いもんです!
しかも、リアがドラムではなく、ディスクブレーキのCB400Fなんてかなり渋いです!お金があればやる価値は絶対にあるでしょう!

コラム > CB400Fのドラムブレーキをディスクにできる世の中について書かれています。

CB400Fのシートは実用性?デザイン性?

カテゴリー :CB400F シート

バイクに乗っている間、一番長く触れる部分はどこだと思いますか?やっぱりシートですよね。
 やっぱり乗りやすいシート、座りやすいシートの方が長時間のライディングも楽になります。
 それは昭和の名車CB400Fでも変わりません。旧車ということで長時間のライディングより見た目を意識した薄いだけのシートを選ぶライダーもいます。
 カスタムは人それぞれこだわりがあって、それに合わせて作るものですができるだけ乗り心地も考えたカスタムも心がけたいものです。事故を起こしてしまってはせっかくのCB400Fどころかライダー自身の生命さえも亡くしかねませんから。
 CB400F自体中型二輪ということで決して小さいものではありません。
 もしライダーが小柄で足が届かないということがあればシートの中の綿を抜く「あんこ抜き」をすれば見た目は普通のシートで、座ると体重でへこんで足が届くようになります。
 同じ要領でシートの綿を減らしたり、軟らかい素材に換えておくのも一つの手です。
 これだけやればCB400Fの地上高は問題ないと思います。
 でも、もしこれでも届かないのならCB400Fの購入は諦めることをおすすめします。名車に憧れる気持ちはわかりますが、バイクは安全第一で乗るものですからね。

コラム > CB400Fのシートは実用性?デザイン性?について書かれています。

CB400Fと流用・社外パーツの組み合わせで無限の可能性

カテゴリー :CB400F パーツ

CB400F、発売当時中型二輪で唯一「並列4気筒」搭載のオートバイでした。他にもHONDA初の集合マフラーや後退したステップの採用で「カフェレーサースタイル」という日本では新しいスタイルも話題になりました。
 現在でもCB400Fのカスタムとしてのカフェレーサースタイルはとても人気で、支持するライダー少なくありません。
 発売当時のバイク雑誌の記事だと必ずと言っていいほどCB400Fはカフェレーサースタイルという単語が出ていました。
 記者たちもCB400Fのフォルムにカフェレーサーの流れを汲んでいるという評価を下したのでした。
 そんなわけでCB400Fをカスタムする際のパーツとしてはカフェレーサーテイストのパーツが選ばれることが多いです。
 ロングガソリンタンク、シングルシート、もしくはギリギリタンデム可能なぐらいのショートシート、シートカウルなどの空気抵抗を考えたレーシーなパーツです。
 純正だけではなく社外からのパーツは他の車種からの流用のパーツなどもありましたね。
 CB400Fと同系統の車種の足回りのパーツを使ったりすることもあります。
 そのパーツパーツの組み合わせはまさに星の数ほどになり、カスタムを手がけた人の数だけオンリーワンのCB400Fが出来上がることでしょう。

コラム > CB400Fと流用・社外パーツの組み合わせで無限の可能性について書かれています。